“金枝玉葉”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
きんしぎょくよう85.7%
きんしぎよくえふ14.3%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
一人動いたあとは不思議なもので、御年も若く繊弱い宮様のような女性でありながらも、ことに宮中の奥深く育てられた金枝玉葉の御身で
夜明け前:01 第一部上 (新字新仮名) / 島崎藤村(著)
代々この地方に住んではいるが、祖先は金枝玉葉の出であり、太祖丹書鉄券も家に伝えられている。——「ご存知ないか?」その迂愚ったのである。
新・水滸伝 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
あゝ斯かる身は枯れても折れても野末朽木より物の數ならず。只〻金枝玉葉の御身として、定めなき世の波風ひ給ふこと、御痛はしう存じ候
滝口入道 (旧字旧仮名) / 高山樗牛(著)