“金玉糖”のいろいろな読み方と例文
読み方(ふりがな)割合
きんぎょくとう66.7%
きんぎよくたう33.3%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
“金玉糖”を含む作品のジャンル比率
文学 > 日本文学 > 小説 物語0.1%
(注)比率=対象の語句にふりがなが振られている作品数÷各ジャンルの合計の作品数
お蝶は、お角がお食べといって置いて行った金玉糖きんぎょくとうを口に入れて、クスッと笑いながら、炬燵こたつの上へ顔を横にする。
江戸三国志 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
一丁の豆腐ぐらいな大きさの金玉糖きんぎょくとうの中に、金魚が二疋いて見えるのを、そのまま庖丁ほうちょうの刃を入れて、元の形をくずさずに、皿に移したものであった。
(新字新仮名) / 夏目漱石(著)
つて、主人しゆじんはわざとはし金玉糖きんぎよくたうはさんで、宗助そうすけまへした。
(旧字旧仮名) / 夏目漱石(著)
主人しゆじんあやかりたいもとに、甘垂あまたるい金玉糖きんぎよくたう幾切いくきれ頬張ほゝばつた。
(旧字旧仮名) / 夏目漱石(著)