“金玉糖”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
きんぎょくとう66.7%
きんぎよくたう33.3%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
主人は肖りたい名のもとに、甘垂あまたるい金玉糖きんぎょくとうを幾切か頬張ほおばった。これは酒も呑み、茶も呑み、飯も菓子も食えるようにできた、重宝で健康な男であった。
(新字新仮名) / 夏目漱石(著)
お蝶は、お角がお食べといって置いて行った金玉糖きんぎょくとうを口に入れて、クスッと笑いながら、炬燵こたつの上へ顔を横にする。
江戸三国志 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
主人しゆじんあやかりたいもとに、甘垂あまたるい金玉糖きんぎよくたう幾切いくきれ頬張ほゝばつた。これはさけみ、ちやみ、めし菓子くわしへるやう出來できた、重寶ちようはう健康けんかうをとこであつた。
(旧字旧仮名) / 夏目漱石(著)
つて、主人しゆじんはわざとはし金玉糖きんぎよくたうはさんで、宗助そうすけまへした。宗助そうすけ苦笑くせうしながら、それをけた。
(旧字旧仮名) / 夏目漱石(著)