“肖”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
89.6%
あやか3.2%
あや3.2%
すがた1.3%
うつ0.6%
そぐ0.6%
ふさわ0.6%
アヤ0.6%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
「ええ、驚かしゃあがるな。」と年紀にはない口を利いて、大福餅が食べたそうに懐中に手を入れて、貧乏ゆるぎというのをる。
葛飾砂子 (新字新仮名) / 泉鏡花(著)
「これはね、昨日ある人の銀婚式に呼ばれて、って来たのだから、すこぶるおめでたいのです。あなたも一切ぐらいってもいいでしょう」
(新字新仮名) / 夏目漱石(著)
知らぬ人でもかり度いと思って或いは参るかも知れぬが、人を殺して牢死した者の墓へ、親戚でも知人でも無い者が参るとは、全く有られも無い事だ
幽霊塔 (新字新仮名) / 黒岩涙香(著)
音楽上のユダヤ人らは、しめの衣裳を着せられた後にそのを焼かれていた。巨人ヘンデルも笞刑を受けていた。
どど端唄なら、文句だけは存じておりますが、といって笑顔になって、それはお花見の船でなくッてはりません。
式部小路 (新字新仮名) / 泉鏡花(著)
紫の矢絣箱迫の銀のぴらぴらというなら知らず、闇桜とか聞く、暗いなかにフト忘れたように薄紅のちらちらするい好みに、その高島田も似なければ、薄い駒下駄に紺蛇目傘わない。
妖術 (新字新仮名) / 泉鏡花(著)
はじめ孫とも見えたのが、やがて娘らしく、妹らしく、こうしたではしくなって、女房ぶりもに見える。
国貞えがく (新字新仮名) / 泉鏡花(著)
死なれたお方が温順で貞淑で、如何にも婦人の鏡とも云うべき為人であったから、せめてはそれにかるようにこうするのだと言うたと翁が語られたことがある。
屍体と民俗 (新字新仮名) / 中山太郎(著)