“箱迫”の読み方と例文
読み方割合
はこせこ100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
紫の矢絣箱迫の銀のぴらぴらというなら知らず、闇桜とか聞く、暗いなかにフト忘れたように薄紅のちらちらするい好みに、その高島田も似なければ、薄い駒下駄に紺蛇目傘わない。
妖術 (新字新仮名) / 泉鏡花(著)