“箱庭”のいろいろな読み方と例文
読み方(ふりがな)割合
はこには75.0%
はこにわ25.0%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
“箱庭”を含む作品のジャンル比率
文学 > 日本文学 > 小説 物語(児童)0.2%
文学 > 日本文学 > 詩歌0.1%
文学 > 日本文学 > 小説 物語0.0%
(注)比率=対象の語句にふりがなが振られている作品数÷各ジャンルの合計の作品数
近所きんじよで、ちひさなが、おもちやに小庭こにはにこしらへた、箱庭はこにはのやうな築山つきやまがある。
間引菜 (旧字旧仮名) / 泉鏡花泉鏡太郎(著)
雪の下白くちひさく咲きにけり喜蝶が部屋の箱庭はこにはの山
桐の花 (新字旧仮名) / 北原白秋(著)
町も村も橋も河も、まるで箱庭はこにわのような下界げかいの地面がみるみるながれめぐってゆく。
神州天馬侠 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
南蛮寺なんばんじ屋根やねてんおかたい、さらに四方の山川まで、たちまち箱庭はこにわを見るように、すぐ目の下へ展開てんかいされて、それが、ゆるい渦巻うずまきのように巻いてながれる……
神州天馬侠 (新字新仮名) / 吉川英治(著)