“箱庭”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
はこには80.0%
はこにわ20.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
物ぐるほしけれど箱庭に作りたるつ水のにそと取落せば、さゞ波すこし分れて是れにぞ月のかげひぬ、くはかなき事して見せつれば甥なる子の小さきが真似て
月の夜 (新字旧仮名) / 樋口一葉(著)
近所で、さなが、おもちやに小庭にこしらへた、箱庭のやうな築山がある。
間引菜 (旧字旧仮名) / 泉鏡花泉鏡太郎(著)
南蛮寺屋根、さらに四方の山川まで、たちまち箱庭を見るように、すぐ目の下へ展開されて、それが、ゆるい渦巻のように巻いてながれる……
神州天馬侠 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
まもなく、かれはゆうべの夢を実行して、京から大阪、大阪から奈良の空へと遊びまわっている。町も村も橋も河も、まるで箱庭のような下界の地面がみるみるながれめぐってゆく。
神州天馬侠 (新字新仮名) / 吉川英治(著)