“寝冷”の読み方と例文
読み方(ふりがな)割合
ねびえ100.0%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
第七 寝冷ねびえの害 これは食物に関係がないようですけれどもしかし消化器の力を弱めて胃腸の病気を起すのは寝冷が一番悪いので、夜寝る時腹部を冷さないようにしなければなりません。
食道楽:冬の巻 (新字新仮名) / 村井弦斎(著)
——気候だって東京より不順に極ってるから、寝冷ねびえをして風邪を引いてはいけない。
坊っちゃん (新字新仮名) / 夏目漱石(著)
「だいち寝冷ねびえをしないだけでもあっちの方が得じゃないか」と云った。
行人 (新字新仮名) / 夏目漱石(著)
貴下あなた寝冷ねびえをしては不可いけません。」
草迷宮 (新字新仮名) / 泉鏡花(著)
涼しい時に虫が鳴いても、かぜを引くなよ、寝冷ねびえをするなと念じてやるのが男じゃないか。——自分で死ぬほど、要らぬ生命いのちを持っているなら、おなじ苦労をした女の、寿命のさきへ、鼻毛をよって、継足つぎたしをしてやるがい。
みさごの鮨 (新字新仮名) / 泉鏡花(著)
……寝冷ねびえをしては不可いけませんよ。
湯島の境内 (新字新仮名) / 泉鏡花(著)
寝冷ねびえせし人不機嫌ふきげんに我を見し
五百句 (新字旧仮名) / 高浜虚子(著)
べにさして寝冷ねびえの顔をつくろひぬ
五百句 (新字旧仮名) / 高浜虚子(著)