“氷菓”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
アイスクリーム87.5%
アイスクリイム12.5%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
其後私は、誰も彼等に氷菓菓子を渡さぬのに気がつき、一人の日本人に手つだって貰って、彼等にそれ等をはこんでやった。
するとベンジンの臭いのするよれよれの燕尾服に身を固めた父親のピョートル・レオンチイッチが寄って来て、桃色の氷菓の皿を差し出した。
さらに三笠會館の階段を登つて窓際の椅子に坐つて、氷菓を注文した。
末野女 (旧字旧仮名) / 室生犀星(著)