“玉虫”の読み方と例文
旧字:玉蟲
読み方割合
たまむし100.0%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
「まあ、玉虫たまむしって、こんなにきれいなもの?」と、はじめて、玉虫たまむし春子はるこさんは、それにとれていました。
玉虫のおばさん (新字新仮名) / 小川未明(著)
文字ほそく君が歌ひとつ染めつけぬ玉虫たまむしひめし小筥こばこふた
みだれ髪 (新字旧仮名) / 与謝野晶子(著)
官女 玉虫たまむし
平家蟹 (新字新仮名) / 岡本綺堂(著)
春子はるこさんは、そのときせてもらった、玉虫たまむしうつくしさをおうちかえっても、わすれることができませんでした。
玉虫のおばさん (新字新仮名) / 小川未明(著)
玉虫たまむしよ。ほらごらんなさい。」と、そのちいさなはこ久代ひさよさんは、春子はるこさんのわたしました。
玉虫のおばさん (新字新仮名) / 小川未明(著)