“玉虫”の読み方と例文
旧字:玉蟲
読み方割合
たまむし100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
春子さんが、ってみると、それは、しい、ざらをるように、のぴかぴかとしたった玉虫死骸でありました。
玉虫のおばさん (新字新仮名) / 小川未明(著)
くもこぢたけれど二ばかりの薄紅梅あわといふからねどからぬほどの白粉玉虫いろの口紅
五月雨 (旧字旧仮名) / 樋口一葉(著)
文字ほそく君が歌ひとつ染めつけぬ玉虫ひめし小筥
みだれ髪 (新字旧仮名) / 与謝野晶子(著)