“懸巣”の読み方と例文
読み方割合
かけす100.0%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
何時か懸巣かけすのことを本紙で書いたことがあるが、その後の彼女の真似声まねごえは一層種々につかい分けをして、殆ど、かぞえ切れないくらいである。
懸巣 (新字新仮名) / 室生犀星(著)
懸巣かけすさん、こんちは。……なかなかお愛想がいいわね。……あんた、ひとりで、淋しいのね。それで、遊んでほしいのでしょう?」
キャラコさん:06 ぬすびと (新字新仮名) / 久生十蘭(著)
向こうの大きな白山茶花の枝々を揺がせて、葡萄いろをした懸巣かけすが一羽おどろいたように飛び立っていった。
小説 円朝 (新字新仮名) / 正岡容(著)
手綱を引いて君江が行く。馬に揺られて小一郎が行く。懸巣かけすが林で啼いている。野の草が風に靡いている。
神秘昆虫館 (新字新仮名) / 国枝史郎(著)
口授くじゆしつつうしろ寒けき短日たんじつ懸巣かけすは飛びてするどかりしか
黒檜 (新字旧仮名) / 北原白秋(著)
また壁と壁の支えあげている天井との間のわずかの隙間からは、夜になると星も見えたし、桜の花片だって散り込んで来ないことはなかったし、ときには懸巣かけすの美しい色の羽毛がそこから散り込んで来ることさえあった。
温泉 (新字新仮名) / 梶井基次郎(著)
いつか此処ここで鷹の捕えた懸巣かけすを奪い取ったことを思い出す。
谷に近い森の奥では懸巣かけすしきりに鳴いています。
綺堂むかし語り (新字新仮名) / 岡本綺堂(著)
サヤサヤという羽音はおとといっしょに、一羽の小鳥が窓から飛び込んできて、書机デスクのそばの止まり木にとまった。背中が葡萄色で、つばさに黒と白の横縞よこじまのある美しい懸巣かけすである。
キャラコさん:06 ぬすびと (新字新仮名) / 久生十蘭(著)
「……おいおい、眠るつもりなのかい。寝るなら寝てもいいけど、喰べてすぐじゃ毒だよ。……離屋はなれの悦二郎の書斎へでも行って見なさい。懸巣かけすがいてね、それが、よく馴れて面白いことをする……光るものを投げてやると、くちばしでヒョイと受けるよ」
キャラコさん:06 ぬすびと (新字新仮名) / 久生十蘭(著)