“懸巣”の読み方と例文
読み方(ふりがな)割合
かけす100.0%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
“懸巣”を含む作品のジャンル比率
芸術・美術 > スポーツ・体育 > 戸外レクリエーション1.5%
歴史 > 地理・地誌・紀行 > 日本1.2%
文学 > 日本文学 > 小説 物語0.1%
(注)比率=対象の語句にふりがなが振られている作品数÷各ジャンルの合計の作品数
懸巣かけすさん、こんちは。……なかなかお愛想がいいわね。……あんた、ひとりで、淋しいのね。それで、遊んでほしいのでしょう?」
キャラコさん:06 ぬすびと (新字新仮名) / 久生十蘭(著)
向こうの大きな白山茶花の枝々を揺がせて、葡萄いろをした懸巣かけすが一羽おどろいたように飛び立っていった。
小説 円朝 (新字新仮名) / 正岡容(著)