“秋扇”の読み方と例文
読み方割合
しゅうせん100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
現代思潮の変遷はその迅速なること奔流もただならない。に見て斬新となすものには既に陳腐となっている。槿花秋扇、今は決して宮詩をつくる詩人の間文字ではない。
十日の菊 (新字新仮名) / 永井荷風(著)
秋扇しき顔の賢夫人
五百句 (新字旧仮名) / 高浜虚子(著)