“秋時雨”の読み方と例文
読み方割合
あきしぐれ100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
この頃は朝夕が肌寒くなって、きょうも秋時雨あきしぐれと云いそうな薄ぐもりの日の八ツ半(午後三時)頃に、ふたりの男が富士裏の田圃路をさまよっていた。半七とその子分の亀吉である。
声は誰でもない千種屋のあの青白く冷たい、秋時雨あきしぐれのような若女房でした。
いうにゃ及ぶとばかり急ぐほどに、しとしと霧のような秋時雨あきしぐれです。