“豊年”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
ほうねん80.0%
はうねん20.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
大入評判だ四だ五傑作ぢや大作ぢや豊年ぢや万作ぢやと口上咽喉らし木戸銭半減にしてせる縁日見世物同様
為文学者経 (新字旧仮名) / 内田魯庵三文字屋金平(著)
今年は、いままでにないことだ。暴風もこず、はよくできて豊年だ。に、ってきた豊年だということだ。」
白い影 (新字新仮名) / 小川未明(著)
豊凶の万物にる事此一を以て知るべし。されば万民豊年をいのらざらめや。