“豊年”の読み方と例文
読み方(ふりがな)割合
ほうねん100.0%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
“豊年”を含む作品のジャンル比率
文学 > 日本文学 > 小説 物語(児童)0.1%
文学 > 日本文学 > 小説 物語0.0%
文学 > 日本文学 > 評論 エッセイ 随筆0.0%
(注)比率=対象の語句にふりがなが振られている作品数÷各ジャンルの合計の作品数
豊年ほうねんの手紙を明神下まで持つて來た子供、それはすぐわかりました。
もつともなことだが、證據がなくちや、父親のかたきが討てねえ、――近頃何んか變つたことがなかつたか。それとも、豊年ほうねん師匠がお前に話したことでもなかつたか」