“秋耕”の読み方と例文
読み方割合
あきおこし100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
佐藤の畑はとにかく秋耕をすましていたのに、それにった仁右衛門の畑は見渡す限りかまどがえしとみずひきとあかざととびつかとで茫々としていた。
カインの末裔 (新字新仮名) / 有島武郎(著)