“秋草”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
あきぐさ61.1%
あきくさ38.9%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
ひつくすべくもあらず、秋草種々ふべくもあらじかし。北八此作きは、園内ばつたる石碑短册一般難澁千萬ずるなり。
弥次行 (旧字旧仮名) / 泉鏡花(著)
と云つて、汽車の客が皆左の窓際へつて眺めるのであつた。自分は秋草を染めたお納戸の着物に、同じ模様の薄青磁色の帯を結んで居た。
巴里より (新字旧仮名) / 与謝野寛与謝野晶子(著)
には、はげいとうや、しおんのような、秋草れていました。にも、うす紅色のコスモスのがみごとでした。
少年と秋の日 (新字新仮名) / 小川未明(著)
あの廣々とした富士裾野には、普通登山期よりもれて九月には、しい秋草がたくさんきます。
森林と樹木と動物 (旧字旧仮名) / 本多静六(著)