“秋草色染”の読み方と例文
読み方割合
あきくさいろぞめ100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
其後から十七八とも思われる娘が、髪は文金高髷い、着物は秋草色染振袖に、緋縮緬長襦袢繻子の帯をしどけなく結び
牡丹灯籠 牡丹灯記 (新字新仮名) / 田中貢太郎(著)
其の頃流行った縮緬細工牡丹芍薬などの花の附いた灯籠をげ、其のから十七八とも思われる娘が、髪は文金高髷に結い、着物は秋草色染振袖
いつもの通り牡丹の花の灯籠を下げて米が先へ立ち、には髪を文金の高髷に結い上げ、秋草色染振袖に燃えるような緋縮緬長襦袢、其の綺麗なこと云うばかりもなく、綺麗ほど怖く