“高髷”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
たかまげ96.2%
たかわげ3.8%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
其後から十七八とも思われる娘が、髪は文金高髷い、着物は秋草色染振袖に、緋縮緬長襦袢繻子の帯をしどけなく結び
牡丹灯籠 牡丹灯記 (新字新仮名) / 田中貢太郎(著)
戸は内へ、左右から、あらかじめ待設けた二の腰元の手に開かれた、垣は低く、女どもの高髷は、一対に、地ずれの松の枝より高い。
伊勢之巻 (新字新仮名) / 泉鏡花(著)
畔柳元衛の娘静緒の腰元に通勤せるなれば、今日は特に女客の執持に召れて、高髷変裏を改め、お傍不去麁略あらせじとくなりけり。
金色夜叉 (新字旧仮名) / 尾崎紅葉(著)