伊勢之巻いせのまき
昔男と聞く時は、今も床しき道中姿。その物語に題は通えど、これは東の銭なしが、一年思いたつよしして、参宮を志し、霞とともに立出でて、いそじあまりを三河国、そのから衣、ささおりの、安弁当の鰯の名に、紫はありながら、杜若には似もつかぬ、三等の赤切 …
作品に特徴的な語句
ちがい きょう てまえ いこ よごれ 頬冠ほっかむり 音信おとない さだか げん なんなん うつくし てあい 不揃ぶぞろ かたえ きまり そら つやや こもり つき あかり がわ 機会きっかけ わなな さめ さかしま まい つッ なまめか 此家うち 女中おんな まねき あが わらい 翌朝あした とおり まいり ひと 一寸ちょいと しん ほん 一時ひとしきり にぎやか なま たなそこ 旅籠はたごや すこ あかる 大人おとなし おおき よそ またたき ほっそ なり あまり ことば つつ はた 先刻さき おも つめた 後退あとじさり 前方さき くぎ 初詣ういもうで くれない 寂寞じゃくまく なまめ つつ とまり 小波ささなみ いた 身動みうごき わか むかい ぬり つち はた とお 通行ゆきき わらわ 見遣みやっ かげ しわぶき うずま むこう かさ 彼方あなた うしろ 取交とりか こまや けん ちよう