“前方”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
むこう23.7%
ぜんぽう21.6%
まえ15.5%
さき9.3%
まえかた6.2%
まへがた4.1%
まへ3.1%
まへかた3.1%
めえがた3.1%
かなた2.1%
まえがた2.1%
むかう2.1%
せんぱう1.0%
ぜんほう1.0%
めいがた1.0%
カミ1.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
前方を見ると高い山が半天にそそりたっていた。曾はとてもその山を越えることができないと思った。曾は妻と向きあって泣いた。
続黄梁 (新字新仮名) / 田中貢太郎(著)
は、懐中から、スケッチして、前方黄色くなった田圃や、灰色にかすんだ景色などを写生しにかかったのであります。
丘の下 (新字新仮名) / 小川未明(著)
気のせいかな、と前方暗黒を見透しながら、早耳三次が二、三歩進んだ時、橋の下で、水音が一つ寒々と響き渡った。
では魔物不承知ぢや。前方とも無理はねえ、るもらぬもの……出来不出来最初から、お前様にあるでねえか。
神鑿 (新字旧仮名) / 泉鏡花泉鏡太郎(著)
いや、その前方、燈籠の蔭には、七兵衛でない他の者の姿も、ちらりと影を見せたことがあります。多分、例の隠密でしょう。
大菩薩峠:23 他生の巻 (新字新仮名) / 中里介山(著)
『そんなめ!』と女王樣んで、『眩暈がする』それから薔薇振向いて、『をお前方此處でしてたのか?』
愛ちやんの夢物語 (旧字旧仮名) / ルイス・キャロル(著)
山内は顔を真赤にして会釈して、不即不離の間隔をとつて、いかにも窮屈らしい足調で、十間許り前方をチヨコ/\と歩いた。
鳥影 (新字旧仮名) / 石川啄木(著)
にも前方からこんな出来のが一幅欲しい欲しい思つてましたんやが、さて欲しいとなると、却々手に入りよらんでなあ。」
角「お前方は年がえからだいくらも子が出来るよ、ア四十二歳になるが、いまだに子がねえから、斯ういう子を貰ってけば、こんな有難え事はねえ」
塩原多助一代記 (新字新仮名) / 三遊亭円朝(著)
自分濡鼠になつても、なからず潮水んでしくなつてれて、に、りつゝ、むる前方海上
そして酒なる時「はお前方の供をして、大ぶ世話になったことがあるが、今日は己もお客だぞ」といった。大丈夫志を得たという概があったそうである。
渋江抽斎 (新字新仮名) / 森鴎外(著)
へ、荷車が一前方から押寄せるがくにいて、たのは頬被をした百姓である。
星あかり (旧字旧仮名) / 泉鏡花(著)
で、感情してるなと、此方ではつてる前方が、所謂帳場なるもの……「貴女、これはつてかれますか。」とつた。
廓そだち (旧字旧仮名) / 泉鏡花泉鏡太郎(著)
看上ぐるばかりの大熊手ぎて、革羽織両国橋の中央に差懸候処一葬儀行列前方よりくるになく河中投棄て、買直しだ/\と引返小生目撃致候
もゝはがき (新字旧仮名) / 斎藤緑雨(著)
「家のもはア、色気が附いて来ただで、近い中に湯田中に遣らずばなるめい、お前方附いて居て、間違のいやうに遊ばして呉らつしやれ」
重右衛門の最後 (新字旧仮名) / 田山花袋(著)
竃に——或はかまどの前方にか——はやしの木柴(?)を立て定めて、旅人我の魂を浄め籠めて置かう。
万葉集研究 (新字旧仮名) / 折口信夫(著)