鳥影とりかげ
小川静子は、兄の信吾が帰省するといふので、二人の小妹と下男の松蔵を伴れて、好摩の停車場まで迎ひに出た。もと/\、鋤一つ入れたことのない荒蕪地の中に建てられた、小さい三等駅だから、乗降の客と言つても日に二十人が関の山、それも大抵は近村の百姓や …
作品に特徴的な語句
すずし ちよつと くな はた ばかし どこ 穿つつ ありつ くださ 湿しつと うま いかめし をら ささや やつ いいや 背負しよは ちよい 習慣コンベンシヨン 歔欷すすりあ おそは かぶさ 祖父おぢいさん うづむ むだ さつき ひく かしげ かたは かか 挙動しうち あさつ にほ 化粧けは たけ 彼女あのをんな 機会ひやうし かづ 矢張やつぱし めく 間断ひま おつしや かをり 情緒こころもち しばた 可憐いたいけ 関係なか かか 家中やうち ちよつ 機会はづみ みはつ 明瞭ありあり 不可いや 微笑ほほゑみ なあ 家中うちじゆう 混雑こんがらが なか こぼ なき 全体みな どや 結末をはり 機会きつかけ にはとり 御座ごあ つけ 行動こと ばつか 連中なかま かぶ あつた すこし 混雑こんがらか 以前これまで あたた 先方あちら しほ かたへ 待遇あつかひ 帰途かへりしな しばたた 頬冠ほほかむり あまさ 顔容かほだて うち 接吻きす しばら いい はづ ひる 狼狽まごつ あひ おほき 抱擁だきかか
題名が同じ作品
鳥影 (旧字旧仮名)石川啄木 (著)
鳥影 (旧字旧仮名)泉鏡太郎 泉鏡花 (著)