“弱”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
よわ77.7%
よは3.9%
よえ2.4%
わか2.4%
2.4%
よお1.9%
よわき1.5%
じゃく1.5%
よわり1.5%
じやく1.0%
たらず0.5%
なよ0.5%
ひく0.5%
よぼ0.5%
よわっ0.5%
よわつ0.5%
アエ0.5%
ヨワ0.5%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
女房は、つちやつた。可恐しくいんです。が、たれないといふのはしいてんで、それにされるやうにして、ひよろ/\。
廓そだち (旧字旧仮名) / 泉鏡花泉鏡太郎(著)
「そんなにつちや不可ない。の様に元気に御成んなさい。さうしてと遊びに御なさい」と勇気をつけた。
それから (新字旧仮名) / 夏目漱石(著)
太「はい、伯父様貴方かりしねえではいけませんよ、七十八十の爺さまではなし、死ぬなんぞというえ気を出しては駄目でがんす」
塩原多助一代記 (新字新仮名) / 三遊亭円朝(著)
人知らぬ思ひに心をりて、あはれ一山風に跡もなき東岱前後の烟と立ち昇るうら眉目好處女子は、年毎に幾何ありとするや。
滝口入道 (旧字旧仮名) / 高山樗牛(著)
... 西洋の鳶口や掛矢は先生何と翻訳して善いのか習った事が無いんだからわらあね」「もっともだ」と主人は教師の身の上に引きべて同情を表する。
吾輩は猫である (新字新仮名) / 夏目漱石(著)
私のようにこんなに弱いもので子供のときから身体うございましたが、こういうような弱い身体であって別に社会に立つ位置もなし
後世への最大遺物 (新字新仮名) / 内村鑑三(著)
たすかりたるのち春暖にいたればとなり良医しがたし。凍死たるはまづしば/\をあたゝめ稿火をもつて次第べし、りたるのちせず。
その城とは、三里距離をおいて、水屋にかりの野陣をしいているのは、すなわち秀吉方軍勢で、紅紫白黄の旗さしもの、まんまんとして春風に吹きなびいていた。
神州天馬侠 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
何しろ体がぎよくなったために足のも忘れたので、道も大きに捗取って、まずこれで七分は森の中を越したろうと思う処で五六尺天窓の上らしかった樹の枝から
高野聖 (新字新仮名) / 泉鏡花(著)
此處から便宜なる、また貿易港矢張印度國コロンボので、海上大約千二百、それより橄欖島までは千五百、されば、本艦明後晩コロンボに
その坪は一千で、安く見積っても木ぐるみ一万円が一円でも切れると云うことはなかろうと云うのであった。
あらくれ (新字新仮名) / 徳田秋声(著)
ちりづかのかげのぐさ
春鳥集 (旧字旧仮名) / 蒲原有明(著)
昌作の方は、背の高い割に肉がげて、漆黒な髪をとモヂヤ/\長くしてるのと、度のい鉄縁の眼鏡を掛けてるのとで二十四五にも見える。
鳥影 (新字旧仮名) / 石川啄木(著)
冬のぎは斯う/\とすっぱり教えて、さて私のには身寄もなしくれて居るから、私が命のないはお前さん私を親と思って香花手向け、此処な家の絶えぬようにしてお呉んなさらんか
敵討札所の霊験 (新字新仮名) / 三遊亭円朝(著)
誰でも変に感じられるが四五年以前僧が此処で腹をし前へも出られず、後へも戻れず、すくみになって、非常にていると、参詣の老人がそれを認めて
枯尾花 (新字新仮名) / 関根黙庵(著)
たのとでなからず身體をドツかとすと眼がグラついてはずのめりさうにした。
湯ヶ原ゆき (旧字旧仮名) / 国木田独歩(著)
若くかな神が、遥かな神の都からさすらうて村に来た。
山のことぶれ (新字旧仮名) / 折口信夫(著)
コレラ一万正直、シカモ、バカ、ウコトサエラヌシキ、キミヲ畏敬シ、キミノ五百枚精進ユルガキ、ハネキテ、兵古帯ズルズルキズリナガラ書店ケツケ
創生記 (新字新仮名) / 太宰治(著)