それから
誰か慌たゞしく門前を馳けて行く足音がした時、代助の頭の中には、大きな俎下駄が空から、ぶら下つてゐた。けれども、その俎下駄は、足音の遠退くに従つて、すうと頭から抜け出して消えて仕舞つた。さうして眼が覚めた。 枕元を見ると、八重の椿が一輪畳の上 …
作品に特徴的な語句
なつ づかひ いちぢ ぱかり 微笑ほゝえみ 祖父ぢゞ ブリス さつ いつ つかひ ひつそ ぐわい きん 一寸ちょつと いちゞ ごの ちつ たゝか 先方さつき ぢか 仰向あほむ まぼ 何方どつか 何故なにゆへ ちつと じん おは 失敗しくじつ みん かゞ つぐ 関係かゝりあ 分明ふんみよう 判然きつぱり がへし ぢう せん 仰向あほむけ ばつ 出来しつたい おゝ くわい そり おつし きう たつ むかひ あつ よしみ あつた さひはひ たゝかひ 打衝シヨツク 退しり はづ ぢき 入用いりやう 発見はつけん たし つら あき ばた しよ したゝり むかふ ハート こゞ わづらひ まは 先方さきがた 機会はづみ 出立しつたつ たま かに おつと どや むき こげ 心付こゝろづい せい うは またゝき あく きづつ のつと かゞ こづえ しつ 外面ぐわいめん
題名が同じ作品
それから (新字新仮名)夏目漱石 (著)