それから
誰か慌たゞしく門前を馳けて行く足音がした時、代助の頭の中には、大きな俎下駄が空から、ぶら下つてゐた。けれども、その俎下駄は、足音の遠退くに従つて、すうと頭から抜け出して消えて仕舞つた。さうして眼が覚め …
作品に特徴的な語句
足駄あしだ 近頃ちかごろ 海月くらげ 素足すあし 詰問きつもん 立場たちば なみ 夕闇ゆふやみ 木蔭こかげ 芍薬しやくやく 其時そのとき 午過ひるすぎ 未練みれん 胡麻化ごまくわ 近寄ちかよ 加減かげん さか 掻巻かいまき 斡旋あつせん 浮世うきよ すぎ 板塀いたべい 紺絣こんがすり 見覚みおぼえ 護謨ごむ わく 神楽坂かぐらざか 請合うけあ 困憊こんぱい 一晩ひとばん 下界げかい 唐草からくさ 四谷よつや 麦藁むぎわら 半襟はんえり 手足てあし 脊中せなか 見栄みえ 八釜やかま 思案しあん 一筋ひとすぢ 御蔭おかげ 堅気かたぎ 年頃としごろ 日盛ひざか 灰汁あく 年寄としより 窓際まどぎは 端書はがき 他愛たあい 手数てかず 敷居しきゐ 硝子窓がらすまど 電車でんしや 人影ひとかげ 座敷ざしき ともえ 窮屈きうくつ 脂肪しぼう ちう 海嘯つなみ 胡魔化ごまくわ 蹉跌さてつ 一歩いつぽ 一本いつぽん 五日いつか 口癖くちくせ 月日つきひ 発作ほつさ 三人さんにん まく くすり 手蹟 湯呑ゆのみ 目論もくろん 両人ふたり 三年さんねん 堕落だらく しをり 物置ものおき 紙入かみいれ 見詰みつ 内所ないしよ 双子ふたご 四隅よすみ かぢ さくら はま 解脱げだつ 虐待ぎやくたい 見廻みまは 覚醒かくせい 真平まつぴら 薬鑵やくわん 見計みはから 何遍なんべん 束縛そくばく 真剣しんけん 緑色みどりいろ
題名が同じ作品
それから (新字新仮名)夏目漱石 (著)