“則”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
のっと32.4%
すなわ26.7%
すなは14.2%
すなわち5.7%
すなはち5.1%
のり4.5%
のっ2.3%
おきて1.7%
そく1.7%
のつと1.7%
トキ1.1%
すはな0.6%
0.6%
スナワ0.6%
ソク0.6%
ノツト0.6%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
その調練を見ますに全く英国風であって、服も皆英制にりそして実に立派な大きな体格の人間ばかりを択んで王の親兵にしてあります。
チベット旅行記 (新字新仮名) / 河口慧海(著)
その馬場という人物は一種非凡ながあって、碁以外に父は人物を尊敬して居たということです。その一子がち僕であったのです。
運命論者 (新字新仮名) / 国木田独歩(著)
くるのには其家れ、んで約束すれば其親れ、(一六)枹鼓ることなれば其身る。
古語にく、遠不とおくおもんぱからざれば近憂ちかきうれいありと、故に間に遠近の差別なく其間をまもらず
巌流島 (新字新仮名) / 直木三十五(著)
は府にちかき四ツ辻といふ所に定め、 御をいだしけるに途中にとゞまりてうごかず、その所に葬り奉る、今の 神庿是なり。
斯ういう次第ですから、俊一君の立場には充分同情の余地があります。その兄さんの理解があると思って、双方安心の余りつい稍〻
嫁取婿取 (新字新仮名) / 佐々木邦(著)
よろしく本朝の聖時にとらせ、外国の美政をも圧するの大英断をもって、帝自ら玉簾の内より進みいでられ、国々をらせたまい
夜明け前:03 第二部上 (新字新仮名) / 島崎藤村(著)
主命を辱しむること、見よ、かくのごとし、既に仁恵といういずくんぞ越人秦人とを分たん、されどもこれをと謂わば、また論ずるに足らざるなり。
貧民倶楽部 (新字新仮名) / 泉鏡花(著)
ぐことゝることサ、無論めから』と海龜へて、『それから算術の四、——野心亂心醜飾、それに嘲弄
愛ちやんの夢物語 (旧字旧仮名) / ルイス・キャロル(著)
元来意見があつて、がそれにるのぢやない。があつて、其人した様な意見がるのだから、の説は丈に通用する丈だ。
それから (新字旧仮名) / 夏目漱石(著)
常に自り感くに小進して温暖發生の氣行あり。大進して熱烈盛育の氣行あり。小退して涼燥實收の氣行あり。大退して冷寒枯藏の氣行あり。小大の進退して休するは進まず退かず。
安藤昌益 (旧字旧仮名) / 狩野亨吉(著)
(六一)名高すにづるなるに、くに厚利てせば、(六二)下節とせられ、して卑賤とせられ、棄遠せられん。
飲食店の硝子窓に飲食物の模型を並べ、之に価格をつけて置くようになったのも、むことを得ざる結果で、これまたを大阪にったものだという事である。
濹東綺譚 (新字新仮名) / 永井荷風(著)
迫身刀気ハ盤石ヲ貫ク、心眼察スル——鐘巻流の奥品にある。その刀気を感じたらしい。で、寂然と動かなかった。
神秘昆虫館 (新字新仮名) / 国枝史郎(著)
仁木弾正・平知盛・佐倉宗五郎などは、市川団蔵の舞台を見ておいて、よく之につてゐる。これらの役について見ると、殊に吉右衛門との行き方の違ひが、目に立つて感じられる。
実川延若讃 (新字旧仮名) / 折口信夫(著)