神秘昆虫館しんぴこんちゅうかん
「お侍様というものは……」女役者の阪東小篠は、微妙に笑って云ったものである。「お強くなければなりません」 「俺は随分強いつもりだ」こう答えたのは一式小一郎で、年は二十三で、鐘巻流の名手であり、父は田安家の家臣として、重望のある清左衛門であっ …
作品に特徴的な語句
つが 歔欷すすりない 卓子づくえ あつ スナワ ゴウ 処女おぼこむすめ 承知きく 最後きり ぜい 朦朧ぼけ ひら 彫刻ほら にお ちが 茫然ぼっ 彫刻 燈火ひかり 間隔あい 身長 モノ 焦心こが 謝罪あや くた わたくし 生活くら 穿 おのれ 処女おぼこ 後退あとじ ひら 囚人とらわれびと ぜい から 身長みたけ 寛々ゆるゆる 宿外はずれ じょう 守護まも 強請せが おとな おい 扮装みなり つぶら 泡沫しぶき うか づか こうべ 消魂けたたまし さま 紹介ひきあわ おさ 間隔あわい しずく ぬの 退 居縮いすくん あた 尾行 身長たけ あて 永生ながい うぬ かた 後退あとしざ しゃが 装飾よそお かん 生地いくじ ともな 以前まえ いじ 目付めつ 故意わざと そよ 最初はな ぱた そく ざま 方角むき 吃驚びっく まざ あた 水脈みお 揶揄からか はびこ