“紹介”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
しょうかい32.6%
ひきあ17.9%
ひきあわ16.8%
せうかい15.8%
ひきあはせ4.2%
ひきあわせ4.2%
ひきあは3.2%
しようかい2.1%
ひきつ1.1%
とりもち1.1%
ひきつけ1.1%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
英国の一紳士にしてながく日本に滞在し、日本の婦人を妻とせる人がすこぶる日本贔屓で、種々の著述もして日本を世界に紹介した。
自警録 (新字新仮名) / 新渡戸稲造(著)
本阿弥光悦どののお紹介わせで、私もいちど、柳町の扇屋でお目にかかりましたが、公卿にも似あわぬ、快活な御気性と見うけました」
宮本武蔵:06 空の巻 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
「お前もおいで! 度胸がある。見せて置いてもいいだろう。……紹介せて置こう、変った奴らを。無頼漢どもだがためにもなる奴らだ」
神秘昆虫館 (新字新仮名) / 国枝史郎(著)
「おやさん、少時御目ゝらないうちに、大變御老けなすつた」といふ一句であつた。御米其折めて叔父夫婦紹介された。
(旧字旧仮名) / 夏目漱石(著)
んと奇妙ではありませんか、これ紹介とでもふものでせう、妻子も、今夜弦月丸日本皈國ますので。
お殿様が、若様とお嬢様とを、お客様の方々へ、紹介るによって、連れて参れと申したのでござります。
レモンの花の咲く丘へ (新字新仮名) / 国枝史郎(著)
『これが春枝。』と紹介せ、夫人つて、とがおなじびのであつた今回旅行次第
著者少年諸君つて、地震學んだ知識紹介しようとするものでない。たとひ卑近部分でも、震災防止目的直接關係のないものまでじようとするのでもない。
地震の話 (旧字旧仮名) / 今村明恒(著)
左様じゃアねえか、おさん後生だ手紙を一本書いて粥河様へ紹介けてお呉んなせえ、西浦賀の江戸屋半治という女郎屋の弟だが
に彌次六の紹介にて天一坊に對面げ是も主從のをぞびける是より彌次六は只管天一坊を世にさんものとく思ひ兎角して金子を調達せんと右門にも内談
大岡政談 (旧字旧仮名) / 作者不詳(著)
この山へ入込むのも容易にゃア出来ませんが、定蓮寺の海禪坊主がうから小兼に惚れて居ることを知ってるから、小兼と馴合い、二人ですっかりかして彼奴紹介の手紙を書かせ