“夫人”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
おくさん22.0%
ふじん20.5%
おくさま14.4%
おく12.9%
マダム8.3%
おくがた6.8%
ひと3.8%
ぶにん3.0%
つま2.3%
あなた1.5%
セニョラ0.8%
うちかた0.8%
おおとじ0.8%
おとじ0.8%
だいこく0.8%
ダアム0.8%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
「郡長の夫人はあれでなかなか分ってるぞ。」とか、「君は明日役場に行って、も一度愛国婦人会の名簿を借りて名をうつしたまえ。」
遠野へ (新字新仮名) / 水野葉舟(著)
あるは、隣室てゐるKの夫人されてましたが、彼女にはそれがとばかり、すことができなかつた。
彼女こゝに眠る (旧字旧仮名) / 若杉鳥子(著)
鼻からまで、馬づらにだぶだぶした、口の長い、顔の大きな、は四尺にも足りぬ小さな神官でござりましたそうな。ええ、夫人
わか紫 (新字新仮名) / 泉鏡花(著)
「実は、夫人もこの縁談には乗り気で、非常な歓びだものだから……つい其方にも計らぬうち、袁術の使者へ、承諾の旨を答えてしまった」
三国志:04 草莽の巻 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
「でも、ここへ来て、夫人といえばおていさいはいいけれど、しょッ中、異人のお相手ですもの。——まるでチャブ屋の女将だわ」
かんかん虫は唄う (新字新仮名) / 吉川英治(著)
そこへの悲報じゃ、夫人のお驚き、又、百姓町人共のり方、この暁方へかけての騒ぎは、貴様たちに、見せてやりたいくらいなものじゃ
新編忠臣蔵 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
「まあ、」と飛んだ顔をして、斜めに取って見透した風情は、この夫人なるだけ、中指鼈甲を、日影に透かした趣だったが
婦系図 (新字新仮名) / 泉鏡花(著)
祖師堂は典正なのが同一棟に別にあって、幽厳なる夫人よりその御堂へ、細長い古畳が欄間の黒いを引いて続いている。
夫人利生記 (新字新仮名) / 泉鏡花(著)
「わが夫人蔡氏の父蔡大臣の誕生祝いの品を護って、東京までつつがなく送り届けてほしいのじゃ。もちろん、軍兵は望み次第に付けてやる」
新・水滸伝 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
一つも解らぬことを対手丸呑にして、承知之助、照子は呆れて、「夫人どこへ、そうして何が、あの何でございますの。」
貧民倶楽部 (新字新仮名) / 泉鏡花(著)
それを月と夫人が上から青白く冷たく見物していた——というので、これがひどく有名になり、それからこの通りを主馬頭町と呼ぶにいたった。
薄 夫人も、お待兼ねでございます。
天守物語 (新字新仮名) / 泉鏡花(著)
百済わたりの螺鈿の大づくゑに肘をもたせて、鏡ノ夫人はさつきから、うつらうつらと物思ひにふけつてゐる。
春泥:『白鳳』第一部 (新字旧仮名) / 神西清(著)
陽春三月のただでさへ永い日を、ふた昼ほど思ひあぐねた鏡ノ夫人は、あとになつて考へれば余計な取越し苦労をしたといふものだつた。
鸚鵡:『白鳳』第二部 (新字旧仮名) / 神西清(著)
手習いがいやなのではなく、寺院夫人さんが、針ばかりもたせようとするのが嫌だったのだ。もっとも、近松西鶴の生ていた時代に遠くなく、もっとも義太夫膾炙していた京阪地方である。