彼女こゝに眠るかのじょここにねむる
その夜の月は、紺碧の空の幕からくり拔いたやうに鮮やかだつた。 夜露に濡れた草が、地上に盛り溢れさうな勢ひで、野を埋めてゐた。 『お歸んなさい、歸つて下さい。』 『いえ。私はもう歸らないつもりです。』 『どこまでひとを困らせようといふんです。 …
作品に特徴的な語句
けう すれ 微笑びせう さい どほ うへ うすま かたはら いきほ 刺繍ししう しよ 狼狽らうばい とう 彼女かのぢよ 少女せうぢよ まへ はう さゝ ちゝ げつ おこな 幸福かうふく 此方こつち をんな あつま おほ わづか かつ 全然ぜんぜん 前金まへきん 凝視ぎようし あひだ 地方ちはう 老爺おやぢ をさ かゝは 拒絶きよぜつ ひと せは 幾回いくくわい 工場こうぢやう けは やさ ゆる おこ うしな 母親はゝおや ゆふ うづ ばう 睡眠すゐみん ゐん 咯血かくけつ つひ 過去くわこ たち こく 事情じじやう 今日けふ 生活せいくわつ 際限はてし はひ まつた あが 健康けんかう なに ぶん 消息せうそく 丘陵きうりよう たゞよ 拷問がうもん がみ みゝ 持合もちあは うなづ ゆす 屹度きつと あか 此處ここ 西窓にしまど 容態ようたい なん わか おほ よこ おと さま 極度きよくど 居所ゐどころ