“健康”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
けんこう32.2%
たっしゃ18.4%
けんかう12.6%
じょうぶ8.0%
たつしや6.9%
すこやか5.7%
ぢやうぶ5.7%
からだ3.4%
まめ2.3%
じようぶ1.1%
すこや1.1%
つよ1.1%
よく1.1%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
窃盗姦淫詐欺てられているのだ。であるから、病院依然として、住民健康には有害で、かつ不徳義なものである。
六号室 (新字新仮名) / アントン・チェーホフ(著)
ああさようか、浜路さんで、よいご器量、健康そうでもある。はなこの山の乞食坊主、決して恐れるには及ばぬ。それはそうと浜路さん、どうやらお怪我を
任侠二刀流 (新字新仮名) / 国枝史郎(著)
窃盜姦淫詐欺てられてゐるのだ。であるから、病院依然として、住民健康には有害で、不徳義なものである。
六号室 (旧字旧仮名) / アントン・チェーホフ(著)
いつもの将軍家の寝室に、紛失したはずの将軍家が、ひどく健康そうな顔色をして、グッスリ寝込んでいたものである。
銅銭会事変 (新字新仮名) / 国枝史郎(著)
病が病だから、蓮太郎の方では遠慮する気味で、其様なことで迷惑を掛けたく無い、と健康なものゝ知らない心配は絶えず様子に表はれる。
破戒 (新字旧仮名) / 島崎藤村(著)
一時めに待命中いた大佐が、健康に、しき軍艦」の廻航中とか——さては、とつたのでわる。
「負けるもんか、長いこと病みけた人に。……出て來たらギユウと押へ付けてあげる。健康な時でもわたへの方が強い。」
天満宮 (旧字旧仮名) / 上司小剣(著)
「実は……僕がこんな惨めな健康になったというのも、本統の原因はそれなんです。僕は知っています、父は、斬首台で果てたのです」
誰? (新字新仮名) / モーリス・ルヴェル(著)
健康ならどんなにいいだろう。……地獄の工場へでも行ってやる」
神州纐纈城 (新字新仮名) / 国枝史郎(著)
學士めてれはつたもの、全体健康といふでなければ時候などはさら注意せねばるし、おどの不養生をさせ給ふな、さてとれも白羽ちて
経つくゑ (旧字旧仮名) / 樋口一葉(著)
「もう、すっかり、お健康かになったかの」
親鸞 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
少し下がって地にひざまずき、並んでいるのは多勢のモカ、いずれも身綺麗な扮装をし、持っていた病気など癒ったのであろう、健康そうな様子を見せている。
任侠二刀流 (新字新仮名) / 国枝史郎(著)
然かし体躯以前よりも遙かに健康なられた。直訴の時分には車が無ければ歩行事出来なかつた人が、今では腕車を全廃されたと云ふ。顔の皺も近頃は美しく延びて、若々となられた。
大野人 (新字旧仮名) / 木下尚江(著)