親鸞しんらん
歎異鈔旅にもち来て虫の声—— わたくしの旧い拙い句である。こんな月並に耽っていた青年ごろから、自分の思索にはおぼろげながら親鸞がすでにあった。親鸞の教義を味解してというよりも——親鸞自身が告白している死ぬまで愚痴鈍根のたちきれない人間として …
作品に特徴的な語句
まえ サイワイ キワマ 微笑はほえみ ギョウ ワガ ぼう イダ カク ぬかずき わり さま した 男女ナンニョ 如何イカン スミヤカ 蒼白まっしろ はたら まろ 決定ケツジョウ 下婢しもべ 女性たおやめ かみ カク しずか あが つか ヒラ おご もの マサ かし 利益リヤク おい メイ ナヅ ちがい 談合はな アキラカ ツタナ キザ かが ひろ ひさ こと 形容ことば ムサボ 真向ひたむ ヨウ なみ 健康すこや はもの かん えろ ともがら キコ もの しるし きちが まわ うしの おもん めま やから かんばせ こわ わたり ざむらい あさ かず あざむ 文書ふみかき じか 生活なりわい ねぶ ライ
題名が同じ作品
親鸞 (新字新仮名)三木清 (著)