“応”のいろいろな読み方と例文
旧字:
読み方割合
こた61.0%
おう17.1%
まさ5.5%
ふさ3.0%
いら3.0%
2.0%
かな1.7%
こたえ1.2%
1.0%
うん0.5%
うむ0.5%
いらえ0.5%
あしら0.2%
うけ0.2%
おゝ0.2%
0.2%
こたへ0.2%
こて0.2%
ごた0.2%
ふさわ0.2%
へんじ0.2%
やが0.2%
ウイ0.2%
マサ0.2%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
水、水というけれども、木莓一株を見つけ出してさえ、十一人の眼の色が変るくらいですから、その腹のえは思いやらるるのです。
大菩薩峠:05 龍神の巻 (新字新仮名) / 中里介山(著)
ケートは富士男、ガーネット、イルコックらの父母から、しきりに永久客分として招聘せられたが、かの女はいずれにもじなかった。
少年連盟 (新字新仮名) / 佐藤紅緑(著)
生らよりに約に先んじて該地に到り、生ら点火を待ちて信と為す。切に約信うことなく、生らの望む所に副われんことを祈る。
吉田松陰 (新字新仮名) / 徳富蘇峰(著)
「幽霊にしては、いやにやかましいね。」彼は「些細なことまで」と云おうとしたのだが、この方が一層この場にわしいと思って取り代えた。
然し、その理由を是非にも聴こうとする衝動には、可成り悩まされたけれども、杉江はただ従順えをしたのみで、離れを出た。
絶景万国博覧会 (新字新仮名) / 小栗虫太郎(著)
今も、「やあ」と彼が挨拶したので、かの女が見ると、同じような「やあ」という朗らかな挨拶でけて、一人の老紳士が入って来た。
母子叙情 (新字新仮名) / 岡本かの子(著)
世界の希望は人間の希望なり、何をか人間の希望といふ、曰く、個の有限の中にありて彼の無限の目的にはせんこと是なり。
「ちょいと、ていると思うもんだから、お前は生意気だね。」といって掻巻の上を軽く叩くと、ふわりと手が沈んでがない。
湯島詣 (新字新仮名) / 泉鏡花(著)
之を要するに著者は太田をして恋愛を捨てて功名を取らしめたり。然れども予は彼がさに功名を捨てて恋愛を取るべきものたることを確信す。
舞姫 (新字旧仮名) / 石橋忍月(著)
知らないで、とさえ云えば、立派な旦那が附いて、三十円るというのに、まさか囲者には成らないと云うのだよ、何ういう訳だか、本当に馬鹿気ているよ
かれないな。よし、肯かれなきゃあ無理に肯かすまでのことだ。して見せる事があるわい。というは平常折檻ぞとお藤は手足をめ紛る。
活人形 (新字新仮名) / 泉鏡花(著)
声高くしてここに駆け来る男は、色黒く骨たくましき若者なり、二郎は微笑みつ、早く早くと優しく促せり。若者はただいまと答え身をらしてかなたに去りぬ。二郎、空腹ならずや。
おとずれ (新字新仮名) / 国木田独歩(著)
やむなく、次男の歓之助が出でてわねばならぬ。
大菩薩峠:24 流転の巻 (新字新仮名) / 中里介山(著)
そして心の中で、わが眷属は、分身は、性格の一面は、と想った。想う刹那に、山々の方から健在のしるしの答えが翁の胸をときめかすことによって受取られた。
富士 (新字新仮名) / 岡本かの子(著)
四方を見廻はしながら森厳しき玄関前にさしかゝり、御頼申すと二三度いへば鼠衣の青黛頭、可愛らしき小坊主の、と答へて障子引き開けしが、応接に慣れたるものの眼く人を見て
五重塔 (新字旧仮名) / 幸田露伴(著)
社長に重んぜられる原因になつて、二度目の主筆が兎角竹山を邪魔にし出した時は、自分一人の為に折角の社を騒がすのは本意で無いと云つて、誰が留めてもかずに遂々退社の辞を草した。
病院の窓 (新字旧仮名) / 石川啄木(著)
しいなかにみのある、気軽えても何処にか落着のある、馴々しくてからぬい、如何なることにもいざとなればくにらぬといふのあるといつたやうな婦人
高野聖 (新字旧仮名) / 泉鏡花泉鏡太郎(著)
てお名前は聞いて居りましたがあなたが業平の旦那様ですか、道理で腕にえがあると思った、仔細というはでもない、少し訳があって此の島の取締り役人をき殺し、一同死ぬ気でございます
後の業平文治 (新字新仮名) / 三遊亭円朝(著)
「いや、手前はあけて見たわけではござりませぬが、こう、手に持ちまして手えが、どうも、おたずねの茶壺などとは思えませぬので」
丹下左膳:02 こけ猿の巻 (新字新仮名) / 林不忘(著)
あなたはあなたの真価にしい位置にはいませんよ。——そこで私はあなたに御相談があるんですが、私と一しょに仕事をしていただきたいと思って。
もなければ人の出てくる跫音も聞えない。で、今度は初めよりも強く力を入れて叩いた。それでも中へ聞えないのか応がなかった。
殺神記 (新字新仮名) / 田中貢太郎(著)
と又る。お竹はもじ/\して居りましたが、
菊模様皿山奇談 (新字新仮名) / 三遊亭円朝(著)
確然たる証拠によって明瞭にとかとかいってもらいたいのである。
魔都 (新字新仮名) / 久生十蘭(著)
汝及び衆生に心を専らにし、念を一処に繋けて、西方を想ふべし。云はく、何が想をなすや。凡想をなすとは、一切の衆生、生盲に非るよりは、目有る徒、皆日没を見よ。
山越しの阿弥陀像の画因 (新字旧仮名) / 折口信夫(著)