後の業平文治のちのなりひらぶんじ
えゝ此の度(たび)は誉(ほま)れ高き時事新報社より、何か新作物を口演致すようとの御註文でございますから、嘗(かつ)て師匠の圓朝(えんちょう)が喝采(かっさい)を博しました業平文治(なりひらぶんじ)の後篇を申上げます。圓朝師が在世中、数百の人 …
作品に特徴的な語句
わっちや 退ひけ わり わりゃ うま こて がな つえ いさゝ こお もな でけ なげ ちか あく ばゞア ふけ はつ いのしゝ おっし 掛合かけお げん とゞま あや 母様ふくろさま 女子じょし おさ ばア ひえ ひで 丑刻こゝのつ わっち おせ わっし くゝ おっ かたえ こた しき あぶね おい なくな かたじけ じき 麻布さいみ ずき うめ ばゝ ぱし おろ われ たゝ とゞ ようよ うっ 怪訝けゞん 歿みまか あずけ さめ いつ たか しょう すんで 冷水れいすい はずみ しょく まわ さが 届出とゞけいで ゆき 良人やど さん ちこ うかゞ しめ しっ さま たっ おら くれえ 斯様こう 歿なくな いず 何人なにびと 短艇たんてい ぴら とま づれ あにい なが 助力おちから いだ