“歿”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
43.7%
ぼっ24.6%
ぼつ8.7%
なく7.9%
なくな6.3%
みまか6.3%
みま1.6%
かく0.8%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
ところが一五九一年に父が歿くなったので、その家族を扶養しなくてはならなくなり、そのでは過ごすことができなくなったので
ガリレオ・ガリレイ (新字新仮名) / 石原純(著)
鹿島ゑ津さんはち初代ぽん太で、明治十三年生だから昭和十一年には五十七歳になるはずで、大正十四年四十六歳で歿したのである。
三筋町界隈 (新字新仮名) / 斎藤茂吉(著)
けれども僕の眼識は欲目のために鈍つてゐて、赤彦君は三月尽を待たずに歿し、短歌の製作も『犬の歌』以後は絶えたのであつた。
島木赤彦臨終記 (新字旧仮名) / 斎藤茂吉(著)
歿なつた子供の揺籃に倚懸つてゐる母親、楽園の門のに立てゐるエヴ、宝は盗まれて其跡に石の置いてあるのを見た吝嗇な男
クラリモンド (新字旧仮名) / テオフィル・ゴーチェ(著)
祖父年齢でございますか——たしか祖父は七十りで歿りました。白哲細面の、小柄老人で、は一なしにけてました。
宮は我とも覚えず浅ましがりて、産後を三月ばかり重く病みけるが、そのゆる日をたで、初子はいと弱くて肺炎の為に歿りにけり。
金色夜叉 (新字旧仮名) / 尾崎紅葉(著)
有難涙に暮れて居りましたが、角右衞門は七月二日歿かり、戒名は一庵了心信士と申し、只今に八軒寺町東陽寺という寺に石碑が残って居ります。
塩原多助一代記 (新字新仮名) / 三遊亭円朝(著)
ヘエ/\寝度くないので、貴方は段々承ると、るべき処の、お高も沢山お取り遊ばしたお武家の嬢様だが、御運悪く水街道へいらっしゃいまして、御親父様がお歿れになって
真景累ヶ淵 (新字新仮名) / 三遊亭円朝(著)