“初子”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
ういご50.0%
はつね20.0%
はつこ10.0%
うひご10.0%
はつご10.0%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
或る名士の若夫人が入院して初子ういごを生んだ。安産で、男子で、経過ひだちも良かったが、さてお乳を飲ませる段になると、若夫人が拒絶した。
東京人の堕落時代 (新字新仮名) / 夢野久作杉山萠円(著)
竪子じゅし、王臣等を召し玉帚たまばはきを賜い肆宴しえんせしむ、その時大伴宿弥家持おおとものすくねやかもちが詠んだは「初春の初子はつねのけふの玉帚、手に取るからにゆらぐ玉の緒」
初子はつこさんは何でも、新しい『女の一生』を書く心算つもりなんだそうだ。まあ Une Vie à la Tolstoï と云う所なんだろう。
路上 (新字新仮名) / 芥川竜之介(著)
宮は我とも覚えず浅ましがりて、産後を三月ばかり重く病みけるが、そのゆる日をたで、初子うひごはいと弱くて肺炎の為に歿みまかりにけり。
金色夜叉 (新字旧仮名) / 尾崎紅葉(著)
君の亡くされたのは君の初子はつごであった、初子は親の愛を専らにするが世の常である。特に幼き女の子はたまらぬ位に可愛いとのことである。
我が子の死 (新字新仮名) / 西田幾多郎(著)