路上ろじょう
午砲を打つと同時に、ほとんど人影の見えなくなった大学の図書館は、三十分経つか経たない内に、もうどこの机を見ても、荒方は閲覧人で埋まってしまった。 机に向っているのは大抵大学生で、中には年輩の袴羽織や背広も、二三人は交っていたらしい。それが広 …
作品に特徴的な語句
いつわり マアク リイド ののし こう おろ 飾窓ショウウインドウ かん ゆう 着換きかえ 周章しゅうしょう 退しりぞ しも ねたま ぴら ぎょう まつわ つらな いわく 有為エフィシエント あかる 怪訝かいが しずく にぎやか いきお 前掛エプロン かかわ なまめ さい つめた 青玉サファイア むな たくまし やわら 盲目もうもく 昨夜さくや まばゆ 醜聞スカンダアル かえ 南風みなみかぜ やさ ことわ にお はず まばら 初子はつこ 先達せんだって かさ 苦笑くしょう 洒落しゃ むらが 何処いずく そよ うら もと 点頭てんとう あざやか 人懐ひとなつか おびや うしろ 執念しゅうねん あわれ あわただ まとま ぬい ひま うた おそれ 昨晩さくばん すか 真紅しんく おっ かげ 日暮ひぐれ おもむろ そもそ 新田にった のち またが 拍手はくしゅ くさ さい 花札はなふだ 衝動ショック 嫉妬やきもち いや 嫌気いやき 立派りっぱ 範疇カテゴリイ
題名が同じ作品
路上 (新字新仮名)梶井基次郎 (著)