路上ろじょう
午砲を打つと同時に、ほとんど人影の見えなくなった大学の図書館は、三十分経つか経たない内に、もうどこの机を見ても、荒方は閲覧人で埋まってしまった。 机に向っているのは大抵大学生で、中には年輩の袴羽織や背 …
作品に特徴的な語句
御機嫌ごきげん 活々いきいき 対峙たいじ 稲妻いなずま 納得なっとく 反身そりみ 従妹いとこ えくぼ 小倉こくら 韜晦とうかい 本郷ほんごう 護謨ごむ 臆測おくそく 標榜ひょうぼう 三度みたび 眉目びもく 屈托くったく 咀嚼そしゃく 窓硝子まどガラス 脂下やにさが 鳶色とびいろ 二言ふたこと 当惑とうわく 拳骨げんこつ 甲羅こうら 伝手つて 丁子ちょうじ 矛盾むじゅん 真平まっぴら 正気しょうき 金箔きんぱく 真顔まがお 声高こわだか 後姿うしろすがた 纏綿てんめん 禁物きんもつ 尾張町おわりちょう 束髪そくはつ 横町よこちょう 予々かねがね 相不変あいかわらず 空嘯そらうそぶ 人力車じんりきしゃ 皮膚ひふ 好誼こうぎ 手真似てまね 匹敵ひってき 薄日うすび 閑却かんきゃく 金屏風きんびょうぶ 横合よこあい 沈吟ちんぎん 無気味ぶきみ 脂粉しふん 金釦きんボタン 口調くちょう におい かめ 五分刈ごぶがり 残酷ざんこく 竪縞たてじま 羅甸ラテン 須田町すだちょう 数奇さっき 御影みかげ 嵐山あらしやま 海老茶えびちゃ 絨氈じゅうたん 利巧りこう 子守唄こもりうた 国府津こうづ 地獄じごく 出合頭であいがしら もと 日暮ひぐれ 目録カタログ 赤煉瓦あかレンガ 患者かんじゃ 範疇カテゴリイ 無精ぶしょう 襟飾ネクタイ 所々ところどころ 鉄格子てつごうし 悲惨ひさん 挙手きょしゅ 昨晩さくばん 内懐うちぶところ 影法師かげぼうし 鉢植はちうえ 最前さいぜん 拍手はくしゅ 大柄おおがら 田地でんじ さしまね 半切はんきれ 梵字サンスクリット 糊塗こと 紋附もんつき
題名が同じ作品
路上 (新字新仮名)梶井基次郎 (著)