“繍”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
39.4%
ぬい30.3%
ぬひ12.1%
ぬいとり9.1%
ぬひと3.0%
しゅう1.5%
1.5%
ぬひとり1.5%
ぬもの1.5%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
鼈甲を円光の如くさしないて、地獄絵をうたを長々とひきはえながら、天女のやうなして、夢かとばかり眼の前へ現れた。
きりしとほろ上人伝 (新字旧仮名) / 芥川竜之介(著)
その為に敢然正筆を使うと、——彼は横を向くが早いか、真紅に銀糸のをした、美しい袖をして、見事に床の上へ手洟をかんだ。
上海游記 (新字新仮名) / 芥川竜之介(著)
目も醒むるやうな藤納戸色の着物の胸のあたりには、五色の色糸のかすみ模様のが鮮かだつた。そのぼかされた裾には、さくら草が一面に散り乱れてゐた。
真珠夫人 (新字旧仮名) / 菊池寛(著)
の音が起って騒がしかった堂の中が静かになってきた。のある衣服を着てかつぎをした女が侍女に取り巻かれて出てきた。
陳宝祠 (新字新仮名) / 田中貢太郎(著)
この客間の西側(玄関寄り)には、更紗唐紙が二枚あつて、その一枚の上に古色を帯びた壁懸けが一つ下つてゐる。麻の地に黄色に百合のやうな花をつたのは、津田青楓氏か何かの図案らしい。
漱石山房の秋 (新字旧仮名) / 芥川竜之介(著)
早く蘭窓に向って碧荷
連城 (新字新仮名) / 蒲 松齢(著)
モールでった草色の制服は総督府の従兵と一ト目でわかる。施恩が出て用向きを聞いてみると
新・水滸伝 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
さうして、最後に、皺くちやになつた絹の手巾が、しなやかな指の間で、さながら微風にでもふかれてゐるやうに、のあるを動かしてゐるのに気がついた。
手巾 (新字旧仮名) / 芥川竜之介(著)
必ずしも錦、のごとくならねども、歌は、ただ読みあげもし、詠じもしたるに、何となく艶にも哀れにも聞ゆることのあるなるべし
中世の文学伝統 (新字新仮名) / 風巻景次郎(著)