上海游記しゃんはいゆうき
愈東京を発つと云う日に、長野草風氏が話しに来た。聞けば長野氏も半月程後には、支那旅行に出かける心算だそうである。その時長野氏は深切にも船酔いの妙薬を教えてくれた。が、門司から船に乗れば、二昼夜経つか経たない内に、すぐもう上海へ着いてしまう。 …
作品に特徴的な語句
寝床バアス きょう 庖丁コック メダル 不要プヤオ 高粱カオリャン 道楽ホッビイ かたじけな 衣裳イイシャン つい 珈琲カッフェ タン いそがわ どう ただち いわん せつ 情熱パッション ことごとく 麻雀まあじゃん 辮子ベンツ くび そもそも あし 尿しと まさ いつ 龍華ロンホア ならび 野雉イエチイ 什麼いずれ たくまし 苦力クウリイ いささか へり かえ フィイト きらめ ほとんど 武生ウウション いまだ ほがらか 曹達ソオダ 如何いかが 映像イメエジ かく かみ 鴉片アヘン しきり 阿姨アイ はるか またが にぎや 讃頌さんしょう ばか にんにく 腫物できもの れん ぬい 笠翁りゅうおう 硝子がらす はなはだ ぎょく なめら しん 梁間りょうかん かか 招牌しょうはい なげう 手巾ハンカチ たちまち したが おもむろ 弾機ぜんまい 卓子テエブル かつ しもべ たま さかさま かわ 如何いかん かつ 劉海リュウハイ 褲子クウズ うそ 謦咳けいがい 健羨けんせん 側眼わきめ 薄田すすきだ 蜥蜴とかげ わけ はし