“高粱”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
こうりゃん21.2%
コーリャン18.2%
こうりょう18.2%
コウリャン12.1%
カオリヤン6.1%
カオリャン6.1%
かうりゃう3.0%
かうりやう3.0%
かうりやん3.0%
きび3.0%
たかはり3.0%
カウリヤン3.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
ちっとも言うことを聞かないで、綱がこんがらかって、高粱の切株だらけの畑中に立往生をしたのは、滑稽だったね。
鼠坂 (新字新仮名) / 森鴎外(著)
この頃は高粱の刈入れ時で、どこの家でも眼が廻るほど忙がしいのに、この人は朝から煙草ばかりぱくぱくんで、寝そべって……。
青蛙神 (新字新仮名) / 岡本綺堂(著)
早速用意をして大重君をれて出て行った。余はただつくねんとして、窓の中に映る山と水と河原と高粱とを眼の底に陳列さしていた。
満韓ところどころ (新字新仮名) / 夏目漱石(著)
これはまた高粱畑に榴散弾でもぶち撒くように、パラパラペラペラと、よくその舌のまわることまわること、一人で二時間立てつづけの、早口の
フレップ・トリップ (新字新仮名) / 北原白秋(著)
日おもてと家群なごむ畑なだり高粱の根はよく鋤きにけり
夢殿 (新字旧仮名) / 北原白秋(著)
「サイゴ」とは何の意味かと思うと、これは日本の軍人たちが、日露戦争に出征中、支那の女をつかまえては、近所の高粱の畑か何かへ、「さあ行こう」と云ったのが、濫觴だろうと云う事です。
上海游記 (新字新仮名) / 芥川竜之介(著)
大釜に高粱の粥煮られたるその横町の耳輪のむすめ
蘆荻埠頭。——柳の街道。高粱畑。夕日。古城壁。——最後に私は巡警の物々しい北京前門停車場で、苦力の人力車に包囲されてしまつた。
南京六月祭 (新字旧仮名) / 犬養健(著)
「満州なんかだめだよ、酒は高粱の酒で、うものは、か犬かしかないと云うじゃねえか、だめだよ、魚軒生一本でなくちゃ」
春心 (新字新仮名) / 田中貢太郎(著)
振袖源太は、赤地総模様の大振袖の腕をり上げて、拳下がりに一刀を構えたまま、三丈余りの高粱の上から、土間の平次を見下ろしました。
青島まで伴なひ歸つて漸く豆を與へ、大連まで來て高粱を與へることが出來たとある。
桃の雫 (旧字旧仮名) / 島崎藤村(著)