満韓ところどころまんかんところどころ
南満鉄道会社っていったい何をするんだいと真面目に聞いたら、満鉄の総裁も少し呆れた顔をして、御前もよっぽど馬鹿だなあと云った。是公から馬鹿と云われたって怖くも何ともないから黙っていた。すると是公が笑いな …
作品に特徴的な語句
足駄げた 納得なっとく 素足すあし トン 背戸せど あと 突兀とっこつ インチ 井桁いげた 短冊たんじゃく 香港ホンコン 斡旋あっせん 亜細亜アジア たで 掻巻かいまき 土堤どて わく こて 手柄てがら 市街まち 茫漠ぼうばく 天麩羅てんぷら 藍色あいいろ 将棋しょうぎ 尨大ぼうだい そら 天秤棒てんびんぼう 路次ろじ 干物ひもの 御蔭おかげ 湯治とうじ 窓硝子まどガラス 小雨こさめ 二言ふたこと 仏頂面ぶっちょうづら 窓際まどぎわ おか 泥鰌どじょう 渺茫びょうぼう 絨毯じゅうたん 脚気かっけ 手数てすう 御挨拶ごあいさつ 生捕いけど 足掻あがき 一歩ひとあし 一棟ひとむね 寸分すんぶん 雨露あめつゆ 両人ふたり 碇泊ていはく 唐辛子とうがらし 海辺うみべ 四隅よすみ 床下ゆかした 恭々うやうや はま 魅入みい 手持無沙汰てもちぶさた 払子ほっす 汁粉しるこ 羽二重はぶたえ 鳥籠とりかご 河豚ふぐ 見計みはか 為替かわせ あし 三和土たたき 点綴てんてつ 下賤げせん 遠退とおの びょう きび 蒼黒あおぐろ 表向おもてむき 広漠こうばく 慓悍ひょうかん 桐油とうゆ 分別ふんべつ 洋灯ランプ 煉瓦塀れんがべい 豪宕ごうとう 鉢巻はちまき 発句ほっく 廃墟ルインス 頂辺てっぺん 高麗こま 御膳おぜん 胡弓こきゅう 代赭たいしゃ 唾液つばき 田舎道いなかみち 近々きんきん 馬鹿気ばかげ 了見りょうけん 初茸はつだけ 性分しょうぶん 道伴みちづれ あな