満韓ところどころまんかんところどころ
南満鉄道会社っていったい何をするんだいと真面目に聞いたら、満鉄の総裁も少し呆れた顔をして、御前もよっぽど馬鹿だなあと云った。是公から馬鹿と云われたって怖くも何ともないから黙っていた。すると是公が笑いながら、どうだ今度いっしょに連れてってやろ …
作品に特徴的な語句
はま きら ざり まぼ つら おおせ あく かけ ウイング まご ずて いわ つらま 下手まず おお めん かま うま つづ さが あじわい ためし はじ たっ がしら ちょう くわし 生皮きがわ つら ひど うも 執拗しゅうね さま おん おおき 乗客じょうかく 直角ちょっかく たし どん ぱな つづり 洒落しゃらく ドーア かむり ほと 鹹水しおみず きっ おぼえ つら 先刻さき かたむき 塵埃ちりほこり 道標どうひょう 出入しゅつにゅう ゆる ちぢみ そく はた 階段はしごだん おなじ きた あわ またたき くらべ あや いかめ あや そう ぎょ 客車かくしゃ 仰向あおむき おく 便べん たた くう けん どき 雛鳥ひよっこ すさ おのれ 角柱かくちゅう あん つか ぜん かた 身上しんじょう