“冠”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
かぶ57.6%
かんむり19.5%
かむ9.1%
かむり4.9%
かん2.6%
かぶり1.6%
1.1%
0.4%
くわん0.4%
とさか0.4%
かがふり0.2%
かうぶり0.2%
かうむ0.2%
かず0.2%
かづ0.2%
かふ0.2%
かぶっ0.2%
かむっ0.2%
かむら0.2%
くわんむり0.2%
こうむ0.2%
0.2%
ぼうし0.2%
まさ0.2%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
なくてはならざる匂袋、これを忘れてなるものか。頭巾つて肩掛を懸ける、雨の降る日は道行合羽の目のをさすなるべし。
当世女装一斑 (新字旧仮名) / 泉鏡花(著)
月がえている。そして娘たちは、みんな白い着物を着て、白い花のをかぶって、歌っているの。そうね、何か聖歌のようなものを
はつ恋 (新字新仮名) / イワン・ツルゲーネフ(著)
つてつてたのは膏薬伝次郎、やちんだ毛皮なしをて、糧切づるで出来てゐる。
美貌の源氏が紫を染め出したころの白菊をして、今日は試楽の日にえて細かな手までもおろそかにしない舞振りを見せた。
源氏物語:07 紅葉賀 (新字新仮名) / 紫式部(著)
蜀山人の狂歌におけるや全く古今にたり。しかしてその始めて狂歌を吟ぜしはふに明和三、四年の年二十歳のなるべし。
江戸芸術論 (新字新仮名) / 永井荷風(著)
熊野詣でには、の木を折って、髪やにかざして帰る風俗があるから、ここでも杉の葉をそうするような風習があったのだろうか。
私本太平記:11 筑紫帖 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
その洋服の男の前のテーブルにも街路の方を背にして、鳥打帽を筒袖の店員のようない男がナイフとホークを動かしていた。
港の妖婦 (新字新仮名) / 田中貢太郎(著)
その上においぶさっている、山の頂は濃厚な水蒸気の群れから、二、三尺も離れて、その間に冴えた空が、澄んだ水でも湛えたように、冷たい藍色をしている、そこから秋の風が
谷より峰へ峰より谷へ (新字新仮名) / 小島烏水(著)
微笑みて、きて跪坐たるみてふ、おへておげと。櫛卷にして端坐して、攻守奪救防殺す。積薪て、たり。
唐模様 (旧字旧仮名) / 泉鏡花泉鏡太郎(著)
やがて鶏はを伸ばして虫をつッつこうとして、虫の方を見た。虫は飛んでの上にとまった。鶏はそれを振り落そうとしたが落ちなかった。成はますます驚喜して、って篭の中へ入れた。
促織 (新字新仮名) / 蒲 松齢(著)
答へて曰ひけるは、われこゝにくだりてほどなきに、ひとりの權能あるもの勝利休徴りて來るを見たり 五二—五四
神曲:01 地獄 (旧字旧仮名) / アリギエリ・ダンテ(著)
雪をいた石燈籠の笠に、うっすり付いていた足跡にって犯人の素性を知ったのであった。だがうも発見、少々眉唾物である。ひどくバタの匂いがする。西洋流の探索である。
半七雑感 (新字新仮名) / 国枝史郎(著)
さんと夫より播州てぞぎける所々方々と尋ぬれど行衞は更にざりしが或日途中にて兵助に出會しも六郎右衞門は天蓋りし故兵助は夫とも行過んとせしに一陣の來り天蓋を
大岡政談 (旧字旧仮名) / 作者不詳(著)
一体村田は長州に行て如何にも怖いと云うことを知て、そうして攘夷の仮面とりきんで居るのだろうか、本心からあんな馬鹿を気遣はあるまい、どうもの気が知れない。
福翁自伝:02 福翁自伝 (新字新仮名) / 福沢諭吉(著)
兼てその様子をて居るから、緒方の書生が、気味の悪い話サ、大小をして宗十郎頭巾て、その役人の真似をして度々て、首尾く芝居見物して居た。
福翁自伝:02 福翁自伝 (新字新仮名) / 福沢諭吉(著)
キリストと共にしめられて信者は彼と共に義の冕を戴くの特権に与かるのである。
飾るや、の花の
海潮音 (旧字旧仮名) / 上田敏(著)
私は観音のためには、生まれて以来今日までいろいろの意味においてそのおけをっているのであるがこの観音様はあぶないところをがお扶けしたのだ。
例の如く江戸時代の渋味を大切に、皺の間に保存しておくような顔での足には大きな繻子の袋をせて、外見を防いでいる。見るから感じのおだやかなお婆さんである。三味線は清子である。
美音会 (新字新仮名) / 佐藤垢石(著)
そして村から一里あまり離れた所へいったところで、老婆が一人の女をれていくのに逢った。それは喪中であろう、から衣服まで皆白いものを着ていた。
阿繊 (新字新仮名) / 蒲 松齢(著)
日浮びてを重ね、雲散りてまず。を連ね穗をはすすことを絶たず、を列ね、を重ぬるに空しき月無し。名は文命よりも高く、徳は天乙にれりと謂ひつべし。