港の妖婦みなとのようふ
山根謙作は三の宮の停留場を出て海岸のほうへ歩いていた。謙作がこの土地へ足を入れたのは二度目であったが、すこしもかってが判らなかった。それは十四年前、そこの汽船会社にいる先輩を尋ねて、東京から来た時に二週間ばかりいるにはいたが、すぐ支那の方へ …
作品に特徴的な語句
おおい いき 夜中やじゅう そら づれ 酒瓶さけびん かがやき はなやか わらい みの ふう もと 何人たれ なまめ 良家りょうか 空腹ひもじ とも うる やわらか 御酒おさけ じぶん 黎明よあけ 黄昏ゆうぐれ あざやか 饗応ごちそう うな がわ おお 街路みち 花園かえん えみ 知己しりあい ぬる ごろ むすめ 如何いかが 旅館やどや さま ろじ 一吸いっぷく きいろ 馴染なじ 風体なり ひら くさり しゃく つか かど 見向みむき 街路とおり 茶代ちゃだい みよし 腹這はらばい はら つばさ 紙片しへん 窟穴ほらあな 空車あきぐるま 眼前めさき 真紅しんく 盗人ぬすっと ばか なま 歌妓げいしゃ 朋友ともだち しば 旅宿やどや おこ いま 微暗うすくら のち ねん 墓参ぼさん さき うさぎ 基隆きいるん おおい けん