港の妖婦みなとのようふ
山根謙作は三の宮の停留場を出て海岸のほうへ歩いていた。謙作がこの土地へ足を入れたのは二度目であったが、すこしもかってが判らなかった。それは十四年前、そこの汽船会社にいる先輩を尋ねて、東京から来た時に二 …
作品に特徴的な語句
棕櫚しゅろ 雇人やといにん 短冊たんざく 袖口そでぐち なつめ なだ 鬼魅きみ 山葵わさび 牛蒡ごぼう 南京ナンキン 島田髷しまだまげ 座頭ざがしら きれい 広東カントン 辞儀じぎ 荒唐無稽こうとうむけい 島田しまだ 紙入かみいれ 朝陽あさひ はこ 束髪そくはつ 見据みす 見附みつけ つと 襟巻えりまき 半身はんしん 衣兜かくし 立木たちき 顎髯あごひげ 双手りょうて 花園かえん 隻手かたて 幾等いくら 錦紗きんしゃ くわ 微白ほのじろ 一処ひとところ 微暗うすぐら 見向みむき 出帆しゅっぱん 空車あきぐるま 雲母きらら 旅宿やどや 背後向うしろむ 性懲しょうこ 空腹ひもじ 居処いどころ 指端ゆびさき 歌妓げいしゃ さわら 街路まち ねだい 内兜うちかくし 富豪かねもち 寝椅子ねいす 酒瓶さけびん 旅館やどや 門燈もんとう 廻転かいてん 小本こほん 水菓子屋みずがしや 隻頬かたほお 基隆きいるん 茶代ちゃだい 一吸いっぷく 墓参ぼさん 女給じょきゅう 天華てんか 耳輪みみわ 良家りょうか 足端あしさき 種種いろいろ 赤濁あかにご 鰌汁どじょうじる 赧黒あかぐろ 獣肉じゅうにく 窟穴ほらあな