“隔”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
へだ62.5%
へだた13.8%
へだて8.7%
7.6%
はな2.3%
へだゝ0.9%
へだたり0.7%
0.7%
おき0.5%
かく0.2%
0.2%
となり0.2%
なか0.2%
へたて0.2%
へだゝり0.2%
へな0.2%
0.2%
トホ0.2%
ヘナ0.2%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
風呂場の隣は廊下をてた二疊の部屋で、内儀の妹のお君といふのが、姉が風呂場から出て來るのを、此處で待つて居たことでせう。
この東嶺寺と云うのは松平家菩提所で、庚申山にあって、私の宿とは一丁くらいしかっていない、すこぶる幽邃梵刹です。
吾輩は猫である (新字新仮名) / 夏目漱石(著)
思ひ付お兼にひ扨々其方の智慧の程感心せり其にては女房にしても末頼母敷思ふなり夫にて爰に一ツの相談あり夫婦の中に隱し
大岡政談 (旧字旧仮名) / 作者不詳(著)
かぢ「おう/\大層黒血が流れる、私のはツイ一軒いて隣だが、に癒る粉薬他処から貰って来てあるから宅へおいで」
わしら人間はどんな深山に分け入っても、一度人間として暮したことのあるものは、どこまでも人間をれることのできぬものじゃ。
あじゃり (新字新仮名) / 室生犀星(著)
さうした私共の間にまだとれないりがある理由の一つは彼が割合に家庭にゐることが少なかつたのにもよつた。
青春の美しさと、希望とに輝きながら、肩をならべて歩いた二年前の恋人同士として、其処に何と云ふおそろしいが出来たことだらう。
真珠夫人 (新字旧仮名) / 菊池寛(著)
四十男水呑百姓つたのは、學校より十町ばかりだつて松林一構宅地し、米倉三棟べて百姓池上權藏といふで、大島小學校創立者恩人
日の出 (旧字旧仮名) / 国木田独歩(著)
これを笑ふけれど、遊佐の如きは真面目で孝経を読んでゐるのだよ、既に借りてさ、天引四割つて一月に血をれる。
金色夜叉 (新字旧仮名) / 尾崎紅葉(著)
日枝神社の山王祭と共に、御用祭又は天下祭と言はれ、年に行はれたこの威儀は、氏子中の町々を興奮の坩堝にし、名物の十一本の山車が、人波を掻きわけて、警固の金棒の音、木遣りの聲
ねえこんだと思って居ると、又一日って神田旅籠町から出た火事は、申上げました通り故、角右衞門も馬喰町を焼け出され、五八は大きな包を脊負ってせっ/\と逃げ出しましたが
塩原多助一代記 (新字新仮名) / 三遊亭円朝(著)
しに驚き旅宿屋の主人だけりもなき客のに出立せしはにも不審なりとて彼の座敷をめしにる事もれば座敷を
大岡政談 (旧字旧仮名) / 作者不詳(著)
其代りに奧壁から一て、一べてあり、それから三て、べてある。其間に、人骨腐蝕したのが二三くなつてはつてる。鐵鏃がある。
が、趣味や思想の上では、自分の間に手の届かないやうに、広い/\が横はつてゐる。天気の話や、衣類の話や、食物の話をするときには立派な話相手に違ひない。
真珠夫人 (新字旧仮名) / 菊池寛(著)
金なければ憎しれば恋しちふかかるをかしき事あらめやも
雀の卵 (新字旧仮名) / 北原白秋(著)
べに西風吹きあげて 雲離れ き居りとも 我忘れめや(くろ媛——記)
叙景詩の発生 (新字旧仮名) / 折口信夫(著)
其が、神に託せられて伝達する聖者の口をしてゞも、神自身発言するのとおなじ結果を表す。其が更に、聖者に代つて、神言を伝達する聖者の親近の人々の口を越しても、同様の効果を示す。
日本文学の発生 (新字旧仮名) / 折口信夫(著)
「山川を中にりて遠し」といふ発想法は、極めて古くからあり
副詞表情の発生 (新字旧仮名) / 折口信夫(著)