“西風”のいろいろな読み方と例文
読み方(ふりがな)割合
にしかぜ45.5%
にし22.7%
せいふう9.1%
ならい4.5%
シーフォン4.5%
ゼツヒロ4.5%
ゼフュルス4.5%
ニシ4.5%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
“西風”を含む作品のジャンル比率
自然科学 > 地球科学・地学 > 地震学(児童)50.0%
文学 > 英米文学 > 評論 エッセイ 随筆20.0%
文学 > イタリア文学 > 詩7.1%
(注)比率=対象の語句にふりがなが振られている作品数÷各ジャンルの合計の作品数
ごろになつてから此處ここばかりはわすれたかとおもふやうに西風にしかぜんでる。
(旧字旧仮名) / 長塚節(著)
西風にしかぜかわかしてはさらさらといててもにはなほいくらかなみあとがついてる。
(旧字旧仮名) / 長塚節(著)
この西伊豆の海岸は、西風にしの吹き出す秋口から冬にかけてよく荒れがちであるのだそうだが、終に今日もその例に漏れぬ事となったのである。
みなかみ紀行 (新字新仮名) / 若山牧水(著)
日毎に微かな西風にしが吹いて、沖一帯にしら/″\と小さな波が立つてゐる。
岬の端 (新字旧仮名) / 若山牧水(著)
翌日の早暁そうぎょう、帝都の西郊せいこうから毒瓦斯ガスフォルデリヒトをきちらし、西風せいふうにこれを吹き送らせて全市民を殺戮さつりくしつくそうという、前代未聞の計画であった。
国際殺人団の崩壊 (新字新仮名) / 海野十三(著)
西風せいふうガ一トキワ強クナッテキタ——」
人造人間事件 (新字新仮名) / 海野十三(著)
山三郎はじり/\して居りますが、何うも仕方がない、朝の内は西風ならいが吹き、昼少々前から東風こちから南風みなみかぜに変って、彼是れ今の四時頃に漸く浦賀へ這入りました。
八圏パーチョワン目に入っても勝負は一こう荒れなかった。その西風シーフォンの時である。大きな手が道子に出来たのは。
彼が殺したか (新字新仮名) / 浜尾四郎(著)
若葉をひらきこれをもてエウローパのころもを新ならしめんためさわやかなる西風ゼツヒロの起るところ 四六—四八
神曲:03 天堂 (旧字旧仮名) / アリギエリ・ダンテ(著)
そこにはとこしえの春があった、おだやかな西風ゼフュルスはあたたかいそよ風で
ヤマトべに西風ニシ吹きあげて 雲離クモバナれ き居りとも 我忘れめや(くろ媛——記)
叙景詩の発生 (新字旧仮名) / 折口信夫(著)