“西風”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
にしかぜ45.5%
にし22.7%
せいふう9.1%
ならい4.5%
シーフォン4.5%
ゼツヒロ4.5%
ゼフュルス4.5%
ニシ4.5%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
それで巨人せた西風爪先にそれを蹴飛ばさうとしても、ろしく執念深枯葉いてさうしてたうとする。
(旧字旧仮名) / 長塚節(著)
どうも今朝五時頃に裾野に靡いていた雲で見ると私は東南風らしいと見たがという人が居ると、イヤ、あれは確かに西風
みなかみ紀行 (新字新仮名) / 若山牧水(著)
翌日の早暁、帝都の西郊から毒瓦斯フォルデリヒトをきちらし、西風にこれを吹き送らせて全市民を殺戮しつくそうという、前代未聞の計画であった。
国際殺人団の崩壊 (新字新仮名) / 海野十三(著)
山三郎はじり/\して居りますが、何うも仕方がない、朝の内は西風が吹き、昼少々前から東風から南風に変って、彼是れ今の四時頃に漸く浦賀へ這入りました。
八圏目に入っても勝負は一こう荒れなかった。その西風の時である。大きな手が道子に出来たのは。
彼が殺したか (新字新仮名) / 浜尾四郎(著)
若葉をひらきこれをもてエウローパのを新ならしめんためかなる西風の起るところ 四六—四八
神曲:03 天堂 (旧字旧仮名) / アリギエリ・ダンテ(著)
べに西風吹きあげて 雲離れ き居りとも 我忘れめや(くろ媛——記)
叙景詩の発生 (新字旧仮名) / 折口信夫(著)