“霤”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
あまおち50.0%
あまだれ50.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
俊男はまた頽默考込むだ。絲のやうな雨が瓦をツてとなり、に落ちてに響くのが、何かこツそりくやうに耳に入る。
青い顔 (旧字旧仮名) / 三島霜川(著)
洋人の諺に「雨からへ」と云ふことがある。山陽はどうしても古本の塵を蒙ることを免れなかつた。わたくしは山陽が又何かの宋槧本を写させられはしなかつたかと猜する。
伊沢蘭軒 (新字旧仮名) / 森鴎外(著)