青い顔あおいかお
古谷俊男は、椽側に据ゑてある長椅子に長くなツて、兩の腕で頭を抱へながら熟と瞳を据ゑて考込むでゐた。體のあいた日曜ではあるが、今日のやうに降ツては何うすることも出來ぬ。好な讀書にも飽いて了ツた。と謂ツて …
作品に特徴的な語句
そゝ 堪能たんのう 嘆息ためいき 加減かげん 浮世うきよ 小雨こさめ にな 矛盾むじゆん いと 蛞蝓なめくぢ 退屈たいくつ 舌打したうち 侮辱ぶじよく 椽側えんがは 口籠くちごも 何等なんら 分際ぶんざい 案外あんぐわい 道具だうぐ 眞面目まじめ 一家いつか ちら てい おもり ひとり 理屈りくつ 陰氣いんき 結構けつこう かろ 奴隷どれい 皮肉ひにく きれ したが さわ ふせ 隨分ずゐぶん 趣味しゆみ 氣味ぎみ 當然あたりまへ 自己じこ 意固地いこぢ とこ 渇望かつばう 爲方しかた 遣切やりき 幾筋いくすぢ 陰欝いんうつ 根性こんじやう 柔和にうわ えん ことは 索寞さくばく 大嫌だいきらひ 下婢げぢよ 人數にんず 氣紛きまぐれ 悲哀ひあい しま いら 娼妓しやうぎ 激越げきえつ 價値かち やしな ひそ 歡樂くわんらく 午砲ドン 反抗はんこう 思切おもひき 憎惡ぞうを 有仰おつしや 植込うゑこみ 缺點あら 薄笑うすわらひ 所天をつと 一致いつち 倫理りんり 豈夫まさか 其樣そん あこがれ えら 眼遣めづかひ 睨合にらみあひ 間尺ましやく 衝突しようとつ 天性てんせい 雖然けれども 倚子いす 學生がくせい 心外しんぐわい 浸潤しんじゆん 眞個まつたく りやう ずゐ 制裁せいさい 御一緒ごいつしよ 拍子抜ひやうしぬけ 空恍そらとぼ 露命ろめい