青い顔あおいかお
古谷俊男は、椽側に据ゑてある長椅子に長くなツて、兩の腕で頭を抱へながら熟と瞳を据ゑて考込むでゐた。體のあいた日曜ではあるが、今日のやうに降ツては何うすることも出來ぬ。好な讀書にも飽いて了ツた。と謂ツて泥濘の中をぶらついても始まらない。で此う …
作品に特徴的な語句
しづむ ちよい あほ はふむ ひやゝか いび しきり こさ むづか なか 何樣こん あつたか 冷笑せゝらわら うち たかま 加之おまけに あが おのづ はた しよ 彼方あつち とげ 見透みえす かは 苦笑にがわらひ しよ 私等わたしたち いら じつ 光彩くわうさい ことは ぱな 加之それに むやみ とこ 上手じやうず 下婢げぢよ ぽね ふり にぎやか ことば こしら たと 狡猾かうかつ きら つま 此方こつち かゝ あこがれ しやう こゝろよ しん すき かつ 植込うゑこみ 頽然ぐつたり ほゝ 躍起やつき 衝突しようとつ ぱら こまか つもり 睨合にらみあひ 眼遣めづかひ きれ 理合きめ げん ひそ 一家いつか ぼう なゝめ せい つかま 所詮つまり 所天をつと まる 性得うまれつき 御尤ごもつとも けは かゝあ 嫉妬しつと 娼妓しやうぎ 大嫌だいきらひ 加之しかも ぱら ひと みた 何方どつち