“潛”のいろいろな読み方と例文
新字:
読み方割合
くゞ42.3%
もぐ21.2%
ひそ19.2%
くぐ5.8%
かづ3.8%
ひそか1.9%
かく1.9%
かつ1.9%
しの1.9%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
い!……畫伯自若たるにも我折つた。が、御當人の、すまして、これから澁谷までつてるとふにはいた。
露宿 (旧字旧仮名) / 泉鏡花泉鏡太郎(著)
「俵屋にしても、これだけの小判が天井裏に隱してあるのは容易ぢやない、もう一度天井裏につて搜して見ろ、俺は主人に逢つて訊いて見る」
銭形平次捕物控:311 鬼女 (旧字旧仮名) / 野村胡堂(著)
ヂュリ おゝ、パリスどのと祝言をせうなら、あのからんでい、山賊跳梁夜道け、めいともはッしゃれ。
横手のを押すと、鎖の付いた重い分銅が、ガヮラ/\と音を立てて、戸は一文字に開いた。
天満宮 (旧字旧仮名) / 上司小剣(著)
ここに詔りたまはく、「は瀬速し、つ瀬は弱し」とりたまひて、初めてつ瀬にきて、滌ぎたまふ時に、成りませる神の名は、八十禍津日の神一〇。次に大禍津日の神。
令史からず顛動して、夜明けて道士嗟歎してふ、のなすなり。奈何せむ。道士く、にうかゞふこと一夕なれ。
唐模様 (旧字旧仮名) / 泉鏡花泉鏡太郎(著)
く、明帝洛水べるあり。くして白獺あり。妖婦するがにしてし。るをるや、あるくしてちにる。
聞きたるまゝ (旧字旧仮名) / 泉鏡花(著)
ぎ姫、「歸依」の掬むなる
泣菫詩抄 (旧字旧仮名) / 薄田泣菫(著)
。言ふと其儘、門のに身をせて、聲をびて泣き居たり。
滝口入道 (旧字旧仮名) / 高山樗牛(著)