“卷”のいろいろな読み方と例文
新字:
読み方割合
68.3%
まき17.5%
くわん4.8%
まく3.2%
かん1.6%
まい1.6%
まか1.6%
まけ1.6%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
い!……畫伯自若たるにも我折つた。が、御當人の、すまして、これから澁谷までつてるとふにはいた。
露宿 (旧字旧仮名) / 泉鏡花泉鏡太郎(著)
平常部屋りかゝる文机湖月抄こてふの果敢なくめてひそふ一睡夕日かたぶくにあほれるし。
別れ霜 (旧字旧仮名) / 樋口一葉(著)
そも女人は、一五千、七千餘卷のどのにもになれないとはれてゐるが、法華經ばかりには女人になると説かれてゐる。
見忘れたか汝等能く聞け身延山會式り罪作りとは思へども見るに忍びぬ此場の時宜暫時け船七十五里の遠江灘天窓の水先押て尻を十に早く込て命ばかりの掛り船ドリヤ
大岡政談 (旧字旧仮名) / 作者不詳(著)
不知庵がこの文界紹介したる勇氣をこよなくぶものなり。でんことをつ。
罪と罰(内田不知庵訳) (旧字旧仮名) / 北村透谷(著)
場所たくつたのである、後背からは雜木ねてひかゝり、れてる。足場はわざ/\つたはれる具合い。
都の友へ、B生より (旧字旧仮名) / 国木田独歩(著)
ては半燒酎んでひにつて、それをみながら大氣焔く。留守居女中れながら、れてす。菓子す。
時上段のの前には赤川大膳藤井左京の兩人繼上下にて左右に居並び常樂院天忠和尚披露につれ大膳が簾を雲間縁の上に天一坊安座し身には法衣を着し中啓
大岡政談 (旧字旧仮名) / 作者不詳(著)