“繼上下”の読み方と例文
新字:継上下
読み方割合
つぎかみしも100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
平石へ申通じける平石は伊賀亮と聞て迷惑に思へども今更詮方なく控へ居るて山内伊賀亮は黒羽二重の小袖に繼上下
大岡政談 (旧字旧仮名) / 作者不詳(著)
なし已に其議も調のひければ急に本堂なる座敷に上段をへ前にし赤川大膳藤井左京の兩人は繼上下にて其前にへ傍らに天忠和尚紫の衣を
大岡政談 (旧字旧仮名) / 作者不詳(著)
時上段のの前には赤川大膳藤井左京の兩人繼上下にて左右に居並び常樂院天忠和尚披露につれ大膳が簾を雲間縁の上に天一坊安座し身には法衣を着し中啓
大岡政談 (旧字旧仮名) / 作者不詳(著)