“錦”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
にしき97.2%
きん2.1%
わた0.7%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
れ絹の風に開く中から見える女衣装は花のを松原に張ったようであったが、男の人たちの位階によって変わった色の正装をして
源氏物語:35 若菜(下) (新字新仮名) / 紫式部(著)
これという物も盗まれなかったが、おから預かった不思議な手箱を、一つだけ盗まれたということを、小間使のお花から耳にした。
大捕物仙人壺 (新字新仮名) / 国枝史郎(著)
初々しき大島田のやうにりばなしふさ/\とかけて、鼈甲のさしつきのかんざしひらめかし、何時よりは極彩色のたゞ京人形るやうにはれて
たけくらべ (旧字旧仮名) / 樋口一葉(著)