“蜀錦”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
しょっきん50.0%
しょくきん25.0%
しよっきん25.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
「これはわが成都で産する蜀錦の戦袍である。お前たちにも似合うであろう。この恩衣うて、常に王化の徳を忘れるなかれ」
三国志:10 出師の巻 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
さては五色まばゆき蜀錦のいろなるなど、蔭になりたる壁より浮きいでてわし。
文づかい (新字新仮名) / 森鴎外(著)
さては五色まばゆき蜀錦のいろなるなど、蔭になりたる壁より浮きいでてはし。
文づかひ (新字旧仮名) / 森鴎外(著)