文づかいふみづかい
それがしの宮の催したまいし星が岡茶寮のドイツ会に、洋行がえりの将校次をおうて身の上ばなしせしときのことなりしが、こよいはおん身が物語聞くべきはずなり、殿下も待ちかねておわすればとうながされて、まだ大尉になりてほどもあらじと見ゆる小林という少 …
作品に特徴的な語句
ざいわ 珈琲カッフェエ づくえ いつく かおばせ てだて しりえ 便たつき いね よし 消息しょうそこ ソップ ごろも しょく だん 夕餉スペエ 両側ふたがわ 白堊しらつち 御使おんつか 胸当ミイデル まみ 腰帯シェルペ 穹窿まるてんじょう 壮観ものみ 一件ひとくだり わく 彼方あなた そう 臥床とこ 一条ひとくだり つの こと ほまれ けぶり さが 花瓶はながめ 小舟おぶね 尋常よのつね 対岸むこうぎし つい くが うる がすみ 結髪いいなずけ うすぎぬ 俳優わざおぎ かご くれない 医師くすし きら かち 一枝いっし 一滴ひとしずく 無礼なめ 謦咳しわぶき 五人いつたり 案内あない かたち 交際つきあい しず 木槿もくげ うから 蜀錦しょくきん 遠祖とおつおや とびら 白石はくせき こうべ 四方よも かお 真中まなか はし すぐ 古風いにしえぶり 寄木よせき おとがい 女官にょかん みなしご かんむり たち 随身ずいじん いそが えき 分疏いいわけ 臉際けんさい 裳裾もすそ 繊々せんせん すね