“真中”のいろいろな読み方と例文
旧字:眞中
読み方割合
まんなか90.1%
まなか7.1%
ただなか1.1%
さなか0.5%
みなか0.5%
もなか0.5%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
そこへ、中仕切の障子が、次のにほのめいて、二枚見えた。真中へ、ぱっと映ったのが、大坊主の額の出た、唇のい影法師。
歌行灯 (新字新仮名) / 泉鏡花(著)
余は空を仰いで町の真中ずんだ。二週間の後この地を去るべき今の余も、病むえて、の上にり佇ずまざるを得なかった。
思い出す事など (新字新仮名) / 夏目漱石(著)
城山のにてく鐘雲に響きて、屋根瓦の白きこの町のよりへともの哀しげなる音の漂う様は住まぬ湖水真中に石一個投げ入れたるごとし。
源おじ (新字新仮名) / 国木田独歩(著)
鮎猟の真中に一時しよぼ/\と雨をふらしてゐた陰鬱な梅雨空にもいくらか雲の絶え間が出来て、爽かな星の影さへ覗いてゐた。
草いきれ (新字旧仮名) / 徳田秋声(著)
くの野にも逢はなむ心なく里の真中に逢へるかも (同・三四六三)
万葉秀歌 (新字新仮名) / 斎藤茂吉(著)
一月の冬の真中にくろぐろと蝌蚪はかたまるあはれ
つゆじも (新字旧仮名) / 斎藤茂吉(著)